MENU

シアリスの安全性と副作用

 

シアリスは、ED(勃起障害)治療薬のなかでは副作用が軽く、安全に使える薬とされています。
効果持続時間が36時間と長めに作られているため、効果がゆるやかに出るように作られているからです。
ED治療薬は血管拡張を維持させて血流を良くさせる薬なので、副作用として頭痛、紅潮、ほてり、消化不良、などが起こる可能性があります。消化不良が起こるのは、血管拡張によって交感神経が優位になり、消化に働きかける副交感神経の働きが弱まるためと考えられます。
これらは何度か使っているうちに自然に消えることもありますが、あまりにも副作用が重いようであれば医師に相談して薬を中断するか、他の方法に変える必要があります。
パートナーの女性や胎児への安全性については、シアリスは安全と言われています。シアリスはあくまで血管拡張をサポートする薬であり、精力剤や媚薬のような作用はありません。血流を良くしてペニスに勃起に必要な血液を流すだけの作用なので、女性や胎児への危険性はない、とされています。
シアリスを使うときに注意が必要なのは、狭心症の治療を受けている人です。狭心症で使われる硝酸剤はシアリスと併用すると症候性低血圧が起こり、ショック状態に陥る危険性があります。